Image Image Image Image Image Image Image Image Image

切削部品の劣化を早める要因~精密部品製造のことなら短納期で高品質の部品をお届けする【有限会社ニシキ精機】へお任せ~

切削部品のことなら短納期で精密部品製造が可能な【有限会社ニシキ精機】へ

切削部品の製造を依頼するなら、短納期精密部品製造が可能な【有限会社ニシキ精機】をご利用ください。短納期のご相談にも対応致しますので、切削部品が急遽必要になった時には、是非一度ごお問い合わせください。

高品質を保つために知っておきたい切削部品が腐食する要因

高品質を保つために知っておきたい切削部品が腐食する要因

どのような材質の切削部品でも経年劣化は起きるものです。しかし、部品が劣化しやすくなる要因を知っておくことで、高品質な状態を長く保つことに繋がります。部品を劣化させる代表的な現象といえば「錆」です。これは金属が大気中で自然に還ろうとするイオン化現象のことで、「腐食」を意味しています。ステンレスやアルミは耐腐食性に優れた材質ですが、使用する環境によっては腐食現象が起きやすくなります。

海水に含まれる塩素イオンが関係する「孔食」、金属を加工する溶接や冷却による残留応力や、使用中に様々な応力がかかると起きやすい「応力腐食割れ」は、その代表といえるでしょう。また、部品を組み立てた際の隙間に酸素が行かず、酸化皮膜が成形できずに腐食する「隙間腐食」、金属組織を構成する結晶の粒界のみが腐食する「粒界腐食」も、切削部品が腐食する要因に挙げられます。

切削部品の腐食を防ぐ方法

切削部品の腐食を防ぐ方法

切削部品のこうした腐食を防ぐには、防食皮膜を人工的に作る方法が一般的です。錆止めやメッキ加工もその一つですが、こうした防食皮膜は永久的なものではなく、定期的なメンテナンスが欠かせません。他にも、銅やクロム、ニッケルといった腐食しにくい材料と混ぜて加工する方法があります。この方法は腐食を防ぐのにとても有効ですが費用が高くなりやすく、金属の強度を下げてしまうこともあるため、用途に合わせて行う必要があります。

切削部品を製造する際は、精密部品のプロである【有限会社ニシキ精機】へご相談ください。取り扱っている加工材質はステンレスやアルミ、黄銅、鉄、樹脂など幅広く、お客様のニーズに合わせてご提案させていただきます。メッキや焼入れの処理も承りますので、お気軽にお申し付けください。

お役立ちコラム

切削部品の依頼なら【有限会社ニシキ精機】

会社名 有限会社ニシキ精機
所在地 〒394-0088 長野県岡谷市長地梨久保 1-6-45
TEL 0266-27-1535
URL http://www.nishiki-seiki.co.jp