Image Image Image Image Image Image Image Image Image

精密部品の製造を依頼するなら固有の切削技術で新たな価値を創造する【有限会社ニシキ精機】へ~難削材について~

精密部品の製造を依頼するなら固有の切削技術を活かした精密部品の製造・加工を行う【有限会社ニシキ精機】へ

精密部品の製造を依頼するなら固有の切削技術を活かした精密部品の製造・加工を行う【有限会社ニシキ精機】へ

精密部品製造を依頼する際は、固有の切削技術を活かした精密部品の製造・加工を行う【有限会社ニシキ精機】にお任せください。

ステンレス・SK材・樹脂など、様々な加工材質に対応した最新鋭のNC旋盤を用いて、お客様ひとりひとりのご要望に合った精密部品の製造・加工を行っております。加工径や加工材質等でご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

精密部品のことなら【有限会社ニシキ精機】~部品加工費の見積りも簡単!~

精密部品のことなら【有限会社ニシキ精機】~部品加工費の見積りも簡単!~

精密部品の購入をご検討されている法人様は、精密部品製造のプロ集団である【有限会社ニシキ精機】へご相談ください。

【有限会社ニシキ精機】では、少量から量産の加工に対応しておりますので、必要分に応じて無駄なくご注文することができます。部品加工費の見積りは、オンラインからも簡単にできますので、ご注文の前にぜひご利用ください。

難削材を加工する理由とは?

精密部品の代表的な材料には鉄・アルミニウム・ステンレス等が挙げられますが、場合によっては「難削材」と呼ばれる材料を用いることもあります。難削材は、文字通り加工しにくい材料のことを指し、主に「加工方法が確立されていない新素材」、「引火・発火しやすい材料」、「削りにくい材料」の3つに分類することができます。

一見すると加工材料に適していないように思われる難削材ですが、実は耐高温性・耐酸性・軽量性・高強度・高熱伝導率など、様々な優れた特性を持っています。こうした理由から、難削材は航空機のジェットエンジン、燃料電池、流量計など、高付加価値が要求される製品の部品に活用できる材料となっております。

【有限会社ニシキ精機】では、SUS304・316・440C・コバール・パーマロイなどの難削材の加工にも対応しておりますので、難削材の加工をお考えの法人様は、お気軽にご相談ください。

お役立ちコラム

精密部品をお求めの方は【有限会社ニシキ精機】へ

会社名 有限会社ニシキ精機
所在地 〒394-0088 長野県岡谷市長地梨久保 1-6-45
TEL 0266-27-1535
URL http://www.nishiki-seiki.co.jp