Image Image Image Image Image Image Image Image Image

ジュラコンの特徴

精密部品の試作製造なら|ニシキ精機

精密部品製造する際は特性などを考慮して適切な材料を選びます。一言で材料と言っても様々な種類があり、そのひとつがジュラコンです。こちらでは、ジュラコンの特徴についてご紹介します。

ジュラコンとは

ジュラコンとは

ジュラコンとは、ポリアセタール樹脂もしくはPOM(ポム)とも呼ばれる樹脂の一種です。POM(ポム)はホルムアルデヒドのみが重合したポリオキシメチレンの分子鎖で構成されている「ホモポリマー」、トリオキサンにエチレンオキサイドなどを結合した「コポリマー」に分類され、ジュラコンは後者に該当します。

熱安定性に優れている

熱安定性に優れている

ジュラコンは主鎖に炭素結合も含む分子構造となっているため、成形時の分解が少ない特性を持ちます。そのため、高温時の変色やガス発生率が少ないのが利点です。連続使用温度は約105℃、短時間なら約150℃まで対応できます。

寸法安定性が良い

主鎖に炭素を含む分子構造からジュラコンは、結晶性が低い性質を持ちます。その性質上、ホモポリマーより強度は劣りますが、柔軟性や吸水性があり寸法安定性に優れていることから精密部品によく用いられる材料です。

耐磨耗性と高い強度を持つ

ジュラコンは自己潤滑性を持つことから金属との摩擦係数が低い特性があり、プラスチックのなかでも耐摩耗性に優れています。ほかにも、摺動性や耐衝撃性、耐疲労性、機械的強度があり、長時間の使用にも耐えられる特性からベアリングなどにも用いられます。

上記でご紹介した特徴のほかにも、電気絶縁性が高い、バネにも使用されるほどの弾性率があるなど様々な長所を持ちます。
ジュラコンは、その特性から歯車や軸受けなど機械の要素部品や情報機器医療機器といった幅広い機器の精密部品に用いられる材料です。

弊社は昭和32年に創業して以来、切削加工技術を生かし、NC旋盤を活用して精密部品の製造を行ってきました。材料にはジュラコンはもちろんステンレスアルミ、真鍮など様々な種類の材料を扱っています。試作製造も承っていますので、精密部品の製造なら是非弊社をご用命ください。